新車を買うなら、リセールを気にして買わないと損!  2020/8更新版 リセールランキング(アルファード・ランクルプラド・ジムニーなど)

車の購入をリセールバリュー(残価率)で考えてみる


新車でも、中古車でも高い買い物だからこそ。「お得に買いたい」もの。ですよね。
優先順位として、購入価格や、月々のお支払い、乗り心地、デザインなど、人それぞれ。
でも、購入価格を安く!という人は多くても、
購入するときに、「売却価格」は考える方は少ないのが現状です。

例えば、下記の場合。

確かに購入価格は高いですが、結果的に売却価格も高く、
乗っている間に下がった価格が少ない方が、
「お得に乗れてる!」「お得な買い物だった」と言えるのではないでしょうか。
弊社では「リセールご案内もサービスの一環」として考え、
ご商談時にお客様の状況、ご要望をお聞きし、よりお客様にあったお乗り換え提案をさせて頂いております。
(お問い合わせメールの段階では、会員様以外はお客様を存じ上げませんのでご回答割愛しております。)

「購入価格」÷「売却価格」=「リセールバリュー」

新車はメリットとして、
「メーカー保証が付いている」「ローン金利が安い」
「故障が少なく車検も長くメンテ料金が少ない」

という反面、
「購入価格が高い」というデメリットがあり、中古車をお求めの方も多いと思います。

でも、「リセールバリュー」で考えたら、
「新車で買う方がお得!」というケースも多々あります。

「新車で買って15年以上乗る!」という方にはあまり役立たないかと思いますが、
「新車を買って1~5年以内に乗り換えている」という方には、
リセールバリューの高いお車がお奨め!という事で、

お客様に目安になればと思いまして、
リセールバリュー、残価率、ランキングなど公開させて頂いております。

※リセールバリューは、モデルチェンジで大幅に変わります。モデルチェンジ情報も合わせてご覧ください。
※投資の観点でのお買い求めではなく、お好きな車を選び、お乗り下さい。
※弊社で車をご購入・売却いただいた方を元に、購入額/売却額からのリセール率をお出ししております。
(今お売り頂いている方のリセールのため、これからご購入の方はご相談下さい。)
※それぞれリセールバリューで人気の、カラー、オプション、修復歴無しなどで計算しております。
※ご注意事項もご覧ください、早期売却を検討中の方へは販売しておりません

2020年8月現在 新車/車種別 リセールバリューランキング

  
  

2020年8月現在・新車・リセールバリューランキング

【1~3年以内事故無し売却の際 リセールバリューランキング】

●ミニバン リセールバリューランキング 1位
マイナーチェンジ後 アルファード

>アルファード リセール詳細ページはこちら
>アルファード 値引きプランはこちら
コロナショックで下落したものの、ミニバンでは相変わらず1位。
2020年8月現在、値段が戻ってきておりますが、
まだ戻ったのがコロナで落ちた1/2位の状況。

●SUV リセールバリューランキング 1位
ジムニー/ジムニーシエラ

>ジムニー 値引きプランはこちら
2018.7の発表から既に2年が経過してなお、新規オーダーだと1年以上の納期。
言わずもがなで中古車の方が高い状況。
コロナショックの中でも中古車が高い状況で、
2020年8月現在、ソロキャンプやアウトドア需要によってV字回復。

●商用バン リセールバリューランキング 1位
ハイエース(ディーゼル2WD/4WD スーパーGL系)

>ハイエース リセール詳細ページはこちら
>ハイエース 値引きプランはこちら
バンではやはりいつの時代もハイエース。
特に走行距離を走っちゃうケースでも、商用なので大変人気。ただ、盗難リスクが高い事でも有名。

2020.6現在 2020年3~5月のコロナショックでの下落の総括

ヤリス、ライズといった特定の輸出先で高値が維持されていた車が、
輸出高値から国内相場へ。中古車の過剰供給で一気に下落し、戻る局面。
中国で人気のアルファードは、中国輸出向けはいったんストップして、5月から再度戻った形。

と、輸出向けの車両が、いったん輸出需要が剥離して、
国によって、戻ってきたり戻らなかったり。

それに合わせて、国内需要、供給のバランスが、
「低い金額」で底を打って、戻ってきている状況です。
あの時売らなければよかった!という方や、
戻ってきてよかった!という方などいらっしゃるかもしれません。

弊社は底値だったので、買い入れだけを行い、
お客様も数名様を除いて、ほぼ2月迄で売却が完了しておりましたので、(1月登録が大変多いため。)
大幅下落にはなりませんでした。

●リセールバリュー 2019年の総括

SUVでは、ランクルプラドや、ハリアー、ヴェゼルといった車種が人気でしたが、
モデル末期になり、特にフルモデルチェンジを翌年に控える年。
逆に、納期が長く、モデルチェンジ直後のジムニーが有利な状況でした。
レクサスもリセールはいいのですが、UXはリセールもそこまで良くないため、
今回は、ジムニー!

バン、ミニバンでは不動でハイエース!アルファード!
これまでもこれからも変わらなさそう。。レクサスが国内販売されるとどうなるか。
グランエースはリセールは一時はいい時期があるかもしれませんが、
バンベースの大型ミニバンなので、あまりよくないと予測しております。

●リセールバリュー 2020年に向けて
2020年は、フルモデルチェンジ発表がハリアー、ヤリスなど始まる見込みです。
既にこれまでリセールでは有利だった、ヴィッツ、ヴェゼル、ハリアーなどが急落。
新型への買い控えと、旧型の売却、そしてそれが違う車種へ波及するなど起きております。
ジムニーは特殊ですが、モデルチェンジ初期ロットが有利で、
モデル末期(フルモデルチェンジ直前)が不利というのは変わりありません。
前もって、モデルチェンジ情報を収集頂き、モデルチェンジ3~10ヶ月前から下落しますので、
お乗り換えのご参考にして頂ければと思います。

「もしかして自分の車・・・高いの!?」
「乗り換えのために下取っていくら!?」と思ったら

「もし自分の車が高いなら、手放しちゃおうか」
「新車に乗り換えたいけど、予算が・・・下取っていくらだろう」
とお考えの方も多いはず。

弊社リセールバリュー表では、現行モデルで、かつ目安となる金額しか分かりません。

もし弊社で新車ご購入の方でしたら、ぜひ新車問い合わせと一緒に、
弊社の【愛車無料査定】もお問い合わせ下さい。
新車のお見積りと同時に、下取の概算価格をお知らせしております。

BLOG お車選びのpoint その1~3

まだご購入をしていない方で、かつお悩みの方へ。
リセールという観点から、お車選びのポイントを掲載させて頂いております。


お車選びのpoint その1その2その3

ビッグマイナーチェンジがあると、リセールはかなり変わるのか!?プレミオで検証

リセールの高いプレミオ。
ビッグマイナーチェンジでデザインが一新しましたが、
ビッグマイナー前後で、リセールはどう変わったのか。検証してみました。

なんでお隣さんは、よく乗り換えられるのだろう・・・

【リセールバリューで比べる】
知らないと損!?新車の選びのポイントも公開しております。
セレナをご購入いただいたAさん家族と、アルファードをご購入いただいたお隣のBさん家族で比べています。

リセールバリューの良い車種についてのご注意事項

トヨタ自動車の指導により、弊社を含め、直営・FCディーラーを問わず、
早期売却を目的とするお客様への販売、ご案内等は、行っておりません。
また、早期売却を助長することになる、お電話等の問い合わせへ回答なども行っておりません。

悪質な方(以前に、利益目的にて購入後、すぐに転売をされた方。)は
毎週ブラックリストにて、お客様の「お名前とご住所」の一部とともに、
「販売しないよう注意してください」とお達しが来ます。
(ご契約後にトヨタ自動車へ確認をして頂き、過去に契約解除された方もいらっしゃいます。)

もちろん、全車がそういうわけではなく、リセールバリューの高い、
ハリアーアルファードヴェルファイア
ランクル200ランクルプラドハイエースバン・レジアスエースバンヴォクシー
等が今のところ対象となっております。

弊社の【かんたん愛車無料査定】はこちら

ページ上部へ戻る