【新車】2023年次期モデル アルファード 値引き販売 ただいま予約待ち

2022年モデル 値引き価格 

2022年モデルはオーダーストップにつき、値引き販売受付終了。
次期2023年モデルの販売予約をお待ち下さい。
予約フォームはアナウンスの後に開設いたします。
会員様は別ページにてご準備しておりますので、お申込み下さい。

オプションを選択して、総額・納期を調べる

アルファードを新車購入の際には、「値引き」「ローン金利」「支払い総額」で比べないと損!
弊社では、お客様の「支払い総額」での最安値を目指しますとともに、
商談時には今後お客様が売却される際の、「リセール」も重視したご提案をさせて頂いております。

配送・販売ディーラー:トヨタモビリティ東京他
値引き販売可能エリア:東京,千葉,埼玉,神奈川,群馬,栃木,茨城,山梨,静岡(東部のみ)
メーカー/ディーラーOPはご自由にお決め頂けます。
TRD・モデリスタは値引き無し。トヨタ純正用品は部品代が1割値引きです。

アルファード フルモデルチェンジの噂と、モデルチェンジ履歴

2008.5 フルモデルチェンジ/20系前期
2011.11 マイナーチェンジ/20系後期 20系前期から約3.5年
2015.1 フルモデルチェンジ/30系前期 20系後期から約3年
2017.12 マイナーチェンジ/30系後期 前期から約3年
前回の20系が約6.5年のサイクルだったことから、
2021.1に、フルモデルチェンジから6年を経過し、
「そろそろフルモデルチェンジの時期なのでは?」とお問い合わせを頂く事が多いです。

前回、20系後期の特別仕様車が、タイプゴールド、タイプゴールドⅡと1年おきに発売。
今回は、2020.5 タイプゴールド
2021.5 タイプゴールドⅡ
2022.5 タイプゴールドⅢ
となり、2023.5にフルモデルチェンジと噂されております。

ですが、80系ハリアーのように早まったり、
あるいは、レクサスのように安全装備の状況で遅れが出たりと変わってまいります。
特に、既に30系後期アルファードの納期遅れが発生しておりますため、
40系をお求めの方は気長にお待ち頂ければ幸いです。

30系後期 現行アルファード 最新納期ガイド

あくまで発注時の目安です。OP、地域によって変わります。
メーカーナビで2~4ヶ月程度の遅れ発生

ご契約日 生産(月) 納車(月)
6/13~18 12・翌1~ 翌1~
6/20~24 翌3・4 翌4~5

アルファード ブログ 一覧

【ご質問回答】20系・30系アルファードからのお乗り換えの御客様
リセールで選ぶ、アルファード
【オリジナルフロアマットのご案内】国産・純正製造工場にて

新型40系アルファード 値引き、新車は総支払額で比べないと損!

●値引き
新型40系アルファードは、昨今の新型事情から、
恐らく初日オーダーは、値引きは0万円になると考えられます。
弊社では、前回30系フルモデルチェンジの時で、20万円の値引きでした。
ディーラーオプションからは、オプションによって、そこから値引き
3%以上の高金利ローンを組むと、増える金利の分、値引きをするなど、
の値引き方針となる見込みです。
特にフルモデルチェンジの際には、転売を防止するため販売規制がかかると思われます。

●新車は総支払額で比べないと損!
各ディーラーの交渉マニュアルでは、
利益率の大変高い、マット、コーティング、メンテナンスパック(70%程度が利益)や
高金利ローン(60%程度が利益)などをお奨めして、
その利益を元に、「値引きを増やしたように見せて」契約を進める方針とのこと。

つまり、「みなさんメンテナンスパックをつけてますから付けてください!」
「ローンを組んでいただければ値引きします!」といってお奨めして値引きが増えたように見せかけるらしいです。

ご注意いただきたいのは、“総支払額”
高金利ローンで例えば5.9%で、値引きが50万!・・・車両450-50+金利100=総支払額500万
低金利ローンで例えば1.9%で、値引きが30万・・・車両450-30+金利40=総支払額460万
そうなんです。値引きは増えたように見えても、総支払額が増えたら意味ありませんよね。。

なので、ぜひ総支払額で比べて下さい!!
(自動車税だけ納期によって変わるため追加となります)
ローンも、低金利!余分なオプションなどお奨めすることは御座いません。

こちらもぜひご覧ください。値引き額だけで判断しちゃうと損ですよ!

ブログ/【実例!見積り書診断!】あなたはここで他ディーラーに騙される!

アルファードは新車がオトク!ローンで買うなら、特に中古車は損!?

中古車販売のWebサイトでは、新型アルファードが高額で掲載をされており、
海外・国内両方ともに人気があるため、価格が落ちづらいのが現状です。

更に中古車だと、ローン金利が高いことも多く、
借りる金額が高ければ高いほど、金利の差額が大きくなってしまい、
特に新車の方がオトクになってしまいます。

例えば、アルファード購入でローンで借りるのが450万円、10年払いの場合…

なんと3%違うと約75万円、支払が増えてしまいます。
もちろん、5.9、6.9%なんて高金利で組まされたら大変!
※契約前に審査なども出来ますので、お問合せ下さい。
見た目は安く見えても、金利が高いと結果的に損してしまうのでご注意下さい!

人気の自由返済型オートローンの支払例を掲載いたしましたので、よろしければご覧ください!
アルファード ローン

弊社では、余計なメンテナンスパックも不要!
是非見積書にて、総支払額を比べてください!
特に自由返済設定型オートローンの場合には、金利差がかなり出ますので高金利にはご注意!

アルファード お問い合わせフォーム


【個人情報保護方針】を確認頂き、同意頂いたものと致します
※申込み前に【弊社コンセプト】【メールでのお見積りご回答につきまして】もご覧下さい。

次期モデルの予約開始をお待ち下さい。

 

よくあるご質問 ご契約までの流れ

ページ上部へ戻る