新車値引きブログ

2025年のカーライフを考える

昨年の東京モーターショーでは。

東京モーターショーでトヨタが思い描く未来。20XX年。
という事で展示されておりました。

走る喜び。FUN TO DRIVEの車も作り続けながら、
自動運転、室内でメディアなどを楽しめる空間としての車も作る。

そして、静岡県裾野市の工場跡に2,000人が住む、
スマートシティを作ると発表をされました。

5G到来で、IOTが加速。

まず、お客様には不評と言われているディスプレイオーディオ。
2020年中に、乗用新車のうち約50%をディスプレイオーディオ搭載へ変更。
2025年中には、ホンダ、日産なども取り込み、
日本で走っている車の多くを、ディスプレイオーディオ等、通信機能のある車に変わっていくそうです。

ややこしいお話なのですが、
車が、自動運転になるだけでなく、
IOT、色々なものがITに繋がる時代になる事を見越しているという事。

具体的には何が変わるの?

SIMカードを差し込み、4G、5G回線を繋ぎ、車に通信機能が付くという事。
通信が出来ると何が変わるの!?

●ドライブレコーダー
-従来
録画された情報をSDカードに保存して、何かあったらそれを保険会社へ提出。
-近未来
録画情報が通信され、何かあったら保険会社やヘルプネットへ接続。
緊急時のレスキューやJAF、あおり運転での警察への通報など。

●ナビゲーション
-従来
地図更新が難しく。ルート検索でのリアルタイム渋滞情報が遅い。
Youtubeなどは、スマホを接続して視聴。
-近未来
既にナビキットになっていますが、これからはアプリ。
まだ出来ていないですが、車速を繋ぎ、ドラレコ情報とも組み合わせの上、
自動運転化に切り替わっていくそうです。
メディアは、自動運転車のみ、
アプリとしてYoutube、Netflixなどが走行中に使用出来るように。

●安全運転支援
各メーカーによって、考え方は異なるのですが、
踏み間違い防止、前方自動ブレーキ、クリアランスソナーでのブレーキなどに加え、
自動運転化に伴い、AIを利用した運転者監視や、
車間通信による事故防止/ブレーキを想定されているそうです。

●車両の故障
-従来
車屋さんで診断機を接続し、修理箇所を特定。
部品を取り寄せて修理する。
-近未来
車に診断機が搭載され、修理箇所を特定。
入庫予約を車で行い、店舗に持っていくと店舗に部品が届いていて修理する。

2025年までの法改正

自動ブレーキ搭載車の義務付けとともに、
車検制度の変更がございます。(自動ブレーキの点検が追加)

これからは、運転中のメディア視聴が自動運転車に限りOKで、取り締まりや、
免許制度の変更、あるいは自動運転での事故に伴う責任の所在など、
さまざまな法改正が予想されます。

ディスプレイオーディオ

順次変わってまいりますが、その第一歩として、
トヨタではディスプレイオーディオ搭載に舵を切り、
ソフトバンクのADSL配布のように、まずはシェアを取ろうをされております。(古い…)

あまり良い標板を頂いておらず、
特に年配のお客様からは「使いづらい!」「スマホのQRコード決済なんてできない!」
とおしかりを頂くのですが、何卒ご理解頂ければと思います。

続々新型車が出てきて、随時安全装備など変わってまいります。
私どももお客様の疑問にお答えできるよう、
さまざまアンテナを張り、勉強いたします。
どうぞ引き続きよろしくお願いいたします。

関連記事

アルファード 値引き
ヴォクシー 値引き
ハリアー 値引き
ハイエース 値引き

新車値引きNEWS

ページ上部へ戻る