ブログ

【イギリスEU離脱へ】どうなる?新車・中古車 買うべきはいつ?

恐れていた、イギリスEU離脱へ

「どうせ離脱しないでしょ」と思っていた私には、驚きの瞬間でした。
さっそく、海外で人気の車両の売れ行きをチェック。
・・・あんまり変わっていません。それもそのはず。

海外向け車両は、船の輸送日数の関係から、先月、5月下旬ごろから、
値下がりをしておりました。(すでに下落済み。)

ただ心配ご無用!
国内で人気のお車については、
ほとんど変わっておりません。

実際には、EU離脱といっても、すぐにできるわけではないので、
心理的に、消費が冷え込む状況が悪いのだと思うのですが。

円高に。海外需要が冷え込み、査定額は!?

海外需要が冷え込んだといっても、
「レクサス・ランクル・アルファード」などの高年式の高額車両を購入していた、
海外の富裕層がリスク回避のために、購入を控えている状態。
(もちろん国内の方も、ご購入を控えるケースも出てくるのかと思います。)

かつ、円高といっても、低額車両に関しては、
円高要因は、10%以下のため、10万円の査定額が、9万円になる程度。
(400万円だと360万円ですが。ただ、ユーロ向けのスポーツカーなどは値下がりしてます。)

なので、海外需要が下支えしている車両のうち、
低額車両はあまり変わらず
例:)平成19年式ウィッシュ、平成18年式カローラ、平成10年式ノアなどの低額車両

高額車両は下落しております!
例:)平成28年式ランクル200・プラド、平成27年式アルファード、平成28年式レクサスなどの高額車両

買うべきは 新車? 中古車?

国内の新車製造メーカー、新車販売ディーラーとしては、
新車製造メーカーは仕入れが海外からのパーツがあるため、仕入れ金額はUP。
新車販売ディーラーとしても、メーカーからの仕入れ価格が変わるわけではありません。

そのため、新車の値引き価格の拡大などは期待できない現状です。
スズキやダイハツも、今回の騒動に備え(?)、大量販売・値引き合戦をやめ、
トヨタも来年の決算は、減収減益予想。

値引きを増やしても販売台数が増える見込みがないため、
各メーカー、ディーラーで値引きを増やさず、
一定数の販売台数で、最低限の利益を確保しようという事なのでしょう。

とはいえ、販売してから時間のたつ車は、
ゆっくりと値引きが増えていきます
そしてお得な「特別仕様車」が次々と発表!ご検討の方はそちらも狙い目!

ヴォクシー ZS煌Ⅱ / ノア Si WxB
アルファード タイプブラック / ヴェルファイア ゴールデンアイズ

さて、先ほどのランクル200やプラド、アルファードなどを中古車で買うかどうかですが、

特に、人気だったアルファード・ヴェルファイアは、
人気薄な4WDやハイブリッド、サンルーフ無しなどは、別ですが、
下落したものの、海外で人気の条件に当てはまっている車はいまだに高い状況。

ランクル200やプラドなどは特に人気薄のグレードやオプションなどで、厳しい状況。

なので、お客様によっては、中古車の方がお得な状況もあるかも!?
ただ、まだずいぶんと割高ですね。。。

中古車でご購入なら、弊社でも、
【リセールバリュー】として、目安を公開しておりますが、
やはり、人気の薄いお車をご購入がおすすめ。

まとめ

新車をご検討中のお客様は、大きな変動はないので、
お客様のタイミングにて、ご検討、ご購入下さい。

中古車も合わせてご検討中、またリセールの高い車両がいい!というお客様は、
ランクルやアルファードの人気グレードなどは、まだ割高なので新車をお奨め。
それ以外はさほど変わっていないので、特に人気の薄い車両などは中古車もお奨め。

下取のお車は、海外で人気の車種で、かつ高額車両に限り、
下落傾向にございますので、ご売却を検討中のお客様はご注意下さい。

余談ですが、、、最近、転売を目的とされる方からのお電話が大変多いです。。。
弊社では早期転売を目的とされる方への販売をしておりません。(※)
あくまでお客様が損をしないようにという視点から、リセールのページや、
見積書診断安く買うコツ/よくある落とし穴など、
公開させて頂いております。

ご参考にして頂き、弊社が一番お安ければ、ぜひ弊社にてお買い求めいただき、
グレードやカラー等は、長くお乗り頂く車ですので、お好きなものをお選びください。
3年~5年ほどでお乗り換えの方は、リセール等もご参考にして頂ければと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

※「今、中古で買ったら儲かりますか?」「新車はどれを買うべきですか?いつ売っていいですか?」
という方へは、残念ながら、販売が出来かねます。。。

関連記事

ページ上部へ戻る