ブログ

【ご説明】28年3月31日終了の自動車税のグリーン化特例について

自動車税のグリーン化特例について

本日は28年3月31日までに“登録”した場合に適用される、
自動車税のグリーン化特例についてご案内をさせて頂きます。
【国土交通省】自動車関係税制について (エコカー減税、グリーン化特例 等)

例があった方が分かりやすいので、まずはトヨタのプリウスにて。


【トヨタ】プリウス エコカー減税 より

例えば、新型プリウスですと、
28年3月31日に“登録”された場合には、翌年度の自動車税が減税!
27年4月1日~28年3月31日(27年度)自動車税:0ヶ月分 0円(1か月未満のため)
28年4月1日~29年3月31日(28年度)自動車税:12ヶ月分 39,500円⇒ 10,000円(翌年度減税)

28年4月1日に“登録”された場合には、グリーン化特例が廃止になれば
27年4月1日~28年3月31日(27年度)自動車税:0ヶ月 0円(そもそも登録されていないので)
28年5月1日~29年3月31日(28年度)自動車税:11ヶ月分 36,200円 特例無し(4月分は無し)
29年度は翌年度減税無し

と、3月登録をした方が26,200円お得になるため、
「3月登録ができる車はありますか?」など、
お客様からお問い合わせを頂き、弊社でも3月登録をするべくお客様にアナウンスをしておりました。

国会審議中の議案が通りそう!?ということで、参考資料が到着!

あくまで国会審議中の議案として、通りそうだということなのですが、
グリーン化特例が延長される見通しということでした。

ただ、前回の重量税・取得税のエコカー減税延長の際と同様なのですが、

1.グリーン化特例の条件変更により、減税率が変わる点
2.28年3月31日の夕方に可決され、最後までドキドキしてしまう恐れ
とのことでした。

参考資料より/プリウス・アルファード・ヴォクシーなど

■プリウス/アクア/プリウスα
28年3月登録・翌年度自動車税▲75%にて10,000円
⇒28年4月登録・翌年度自動車税▲75%にて10,000円(4WDでも変わらない見込みとのこと。)
>プリウス 弊社値引きプランはこちら
>プリウスα 弊社値引きプランはこちら
>アクア 弊社値引きプランはこちら

■ヴォクシー/エスクァイア/ノア
28年3月登録・翌年度自動車税▲50%にて20,000円
⇒28年4月登録・翌年度自動車税▲50%にて20,000円(4WDでも変わらない見込みとのこと。)
>ヴォクシー 弊社値引きプランはこちら
>ノア 弊社値引きプランはこちら
>エスクァイア 弊社値引きプランはこちら

■ヴェルファイア(Z)/アルファード(S)
28年3月登録・翌年度自動車税▲50%にて22,500円
⇒28年4月登録・翌年度自動車税▲50%にて22,500円(4WDでも変わらない見込みとのこと。)
>ヴェルファイア 弊社値引きプランはこちら
>アルファード 弊社値引きプランはこちら

■シエンタ G7人乗り(HVGは変わらず)
28年3月登録・翌年度自動車税▲75%にて9,000円
⇒28年4月登録・翌年度自動車税▲50%にて17,500円
>シエンタ 弊社値引きプランはこちら

■ハイエース
まだ不透明です!
>ハイエース 弊社値引きプランはこちら

その他分かり次第、BLOGへ追記致しますが、お電話等での回答は行っておりません。
ご検討中のお客様につきましては、ご契約時にお尋ねいただければと思います。

減税率が変わらない場合には、自動車税は?

例えば、ヴォクシーZS煌ですと、参考資料からすると、

28年3月31日に“登録”された場合には、
27年4月1日~28年3月31日(27年度)自動車税:0ヶ月分 0円
28年4月1日~29年3月31日(28年度)自動車税:12ヶ月分 39,500円⇒20,000円
29年4月1日~30年3月31日(29年度)自動車税:12ヶ月分 39,500円

28年4月1日に“登録”された場合には、
28年5月1日~29年3月31日(28年度)自動車税:11ヶ月分 36,200円(4月分は無し)
28年4月1日~29年3月31日(28年度)自動車税:12ヶ月分 39,500円⇒20,000円

となりますので、4月登録でも大丈夫。ということになります。

ただ、3月登録の場合には、弊社で頂くのは0円で、
28年度、29年度はGW前後に請求が来るのですが。

4月登録の場合には、登録の際に課税されるため、
弊社が支払い、36,200円をお客様から頂きますのでご容赦ください。

最後までありがとうございました。
ご心配のお客様へ少しでもお役に立てればよいのですが。どうぞよろしくお願い致します。

関連記事

ページ上部へ戻る