ブログ

新車といえど・・・故障/リコール/傷などについて

新車の定義ってそもそもなんでしょうか。

新車の定義は、メーカー出荷後、“新”規に登録される“車”となっております。
ですので、弊社で販売していない、B品やアウトレットカーでも、新車と呼ばれてしまいます・・・

ある工場の構内用に走行して50000km走った、6年前の車を公道で走る為にナンバーを付けた。⇒新車です!
メーカーの工場を出荷する際に、浸水被害にあって修理を終え、ナンバーを付けた。⇒新車です!
メーカーの工場後に、事故を起こしてしまいその後修理をし、ナンバーを付けた。⇒新車です!
一旦、展示用のデモカーとして登録をかけているが、走行していない。⇒中古車です!

お客様の認識と結構違っていませんか? だからこそご注意頂きたい!!!

※弊社では、メーカーにお客様のご注文ごとに、オーダーをした新車しか販売しておりません。
ですので、カラー・グレードなど全てお選びいただけます。

こちらのお車が新車です!に注意。。。

【アウトレットカー/展示車】

製造されて店舗にて展示されているお車。
通常の搬送過程よりも、小傷や雨染み、室内の汚れなどが多くつく可能性が高くなります。

ディーラーでも展示用の車を準備します。
ディーラー及び、弊社のような代理店では、
公正取引委員会より、「展示されていた車」として注文書に記載しないといけないと指導を頂いております。
(※弊社では仮に、ご注文書に記載していない、もしくはご案内しないで、展示車を販売した場合には全額ご返金致します。)

ただし・・・
それを更にアウトレットカー専門の会社が仕入れて販売をしたりします。

ナンバーが無くて、「こちらが新車です!」と謳う会社様があるらしいですが。。。
法的には新車でも、
きちんとアウトレットカー/展示車として販売しなければなりません。

新古車とか、新庫車とかあいまいな表現でごまかしてらっしゃるそうなので、ご注意ください。

※特にアウトレットカー専門の会社については、
傷だらけになってしまったボディをごまかすため、コーティングがセットになってたりします。
・・・大変残念ではございますが、お客様に説明して頂きたいものです・・・

【B品新車】

配送過程で凹みが出て修理をしたり、雹害、水害、などのお車をB品新車。

また、長期間ディーラー店舗で展示をされていたお車。
いわゆる「現品限り」。電気系統や展示の際の傷・汚れがあります。

こちらは弊社では一切取り扱っておりませんが、
特に、マイナーチェンジ前の車輌を展示している場合にはご注意!!!

弊社にも、通常よりもさらに数十万安く仕入れて下さいとお話を頂く場合がありますが、
弊社では一切仕入・販売を行っておりません!

どうぞ騙されないようにご注意ください。

新車はすぐに故障しない!?

いえ。販売ディーラーとして悩ましいところですが、故障することもあります。
最近はほとんどなかったのですが、

ホンダが増税前に間に合わせるために販売を開始した、新型フィット・ベゼル・NBOXでしょうか。。。
ミッションと呼ばれる動力伝達装置のコンピューターの問題で、走行に支障が出てくることがございました・・・

最近は、アイドリングストップ機構など、エコカー減税などの規制に対応するため、
プログラムなどで低いスピードのときに無駄に力が加わらない(燃料を使わない)ようにしているのですが、
急坂などでも、コンピューターが誤って燃料を多く使わないようパワーが落ちてしまい、
結果的にエンストや、パワーダウンなどをしてしまうことがございました。

プリウスでもございましたが、エコを追及するのとエンスト・パワーダウンは表裏一体なんだと感じております。

ただ、欧米車やヨーロッパ車のように、
「発表したての新型車は購入なさらないでください」と呼びかけるほど
日本車ではトラブルは多くございませんし、リコール対応などがキチンとしております。

でも新車にはメーカー保証も、リコール対応もあります!

エンジンやミッションなど車の走行に重要な部分に関しましては、
5年もしくは100000kmのメーカー保証+リコールがございます。

お買い求め頂いてすぐの修理になる場合もございますが、修理対応をさせて頂いております。
以前の三菱リコール問題があってから、
リコール=企業に問題がある とのイメージから、
リコール=企業がチェックし車両の故障対応をしている へ変わってきて、
企業も積極的に対応することで、信頼向上や販売台数向上を図っております。

それでもメーカー出荷の部品でも各部品がすべて均一ではなく、
少しずつ違い、たとえば1つのボルトが誤差1mmに入っていればOKなど、
変わってくることで、1台1台違うため、昔ほどではありませんが、故障する車もございます。

なるべく5年10万km・3年6万kmのうちに問題があれば保証にて修理をして頂いて、
それ以降にリコール等がありましたら、お知らせがありますので、修理対応をして頂ければと思います。
弊社では信頼性のもっとも高いトヨタ車をメインに販売をさせて頂いております。

(ほとんど故障などのトラブルがなく対応をさせて頂いております。)

新車は0kmじゃないの!?

新車は0kmの状態ではありません。
メーカー>搬送>ディーラー新車センター>搬送>・・・>ディーラー店舗
メーカー出荷時に検品作業を行いまして、
道路上で見かける1台の車に4~5台車を乗せて走る「積載車」と呼ばれる車で、
ディーラーの新車センターへ配送致します。

そこで簡易走行テストやボルトなどが閉まっているかチェックし、
今度は1台積み~5台積みの積載車にて、
各ディーラー拠点を経由してディーラー店舗に向かいます。

ですので、新車とはいえ、誰も乗っていないわけではなく、テストもあるため、少なくとも5~10kmほど。
エアロをオプションで取り付けする場合や消費増税などの繁忙期には、
積載車には積めずに走行搬送のために30~40kmほどの走行の場合もございます。
(G’sなどの持ち込みが必要な車両は70~80kmの場合もあり)

新車は傷がないの!?

残念ながら、搬送時やディーラー新車センターの順番待ちで
小傷や雪などでの擦れ、雨などのシミなどがつくことがございます。

小傷がついた場合にはディーラー新車センターにて検品をして頂いて、
新車用の特別な磨き剤にて磨き対応をして頂いております。

塗装が必要な車両につきましては、お客様にご相談の上、塗装対応をして頂いております。
また、前回の大雪でございましたが、ディーラー出荷前に雪によってルーフに大きな凹みが出てしまう場合がありました。

こちらに関しましては、ディーラー出荷前にてキャンセル・新車を再発注とさせて頂いております。

ホンダの埼玉の狭山工場や、トヨタの東北の工場で雪の被害があったとのことでしたが、
今回、弊社では無事免れまして、すべて納車をさせて頂きました。

基本的にディーラー出荷前のボディーの凹みなどは新車再発注および、
お客様へお知らせの上、対応をさせて頂いております。
弊社にて下取りのお車と乗り換えの場合には、弊社にて代車もご用意させて頂いております。

ブラック/ブラッキッシュアゲハ/ブラッキッシュレッドなどをお選びの方、オプションを多数お付けになる方

ブラック/ブラッキッシュアゲハ/ブラッキッシュレッドなど、
ダーク系のカラーをお選びの方につきましては、水洗い、拭き仕上げのむらが、傷に見えてしまったり、
薄い擦れがより傷に見えやすい色になります。
予めご容赦を頂けますようお願い致します。

ウーハーやスピーカー、社外オプション追加が多い場合や、
持ち込み部品の取付、特にアルミホイル脱着入替などを追加される場合には、
傷が付いてしまう場合がありますので、予めご容赦ください。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

弊社では新車をより安くお買い求めいただくため、
ディーラー本社へ大量発注にて新車値引きを増やしていただき、
ディーラー店舗の人件費などのマージンを減らし、
その分をお客様に還元いたしまして、弊社でもわずかながら利益を頂戴しております。

何かトラブルがあった際には、お客様にお伝えの上、
ディーラー・メーカーと交渉をさせて頂いておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

ページ上部へ戻る