ブログ

【ジュネーブショーでお披露目】三菱エクリプスクロス 印象、販売や値引きの展望

3/1更新 三菱エクリプスクロスがワールドプレミア

今年の12月に日本での発売を予定しているエクリプスクロス。
3/7に開幕のジュネーブショーでお披露目されます。

サイズ的にも、エンジン的にも、アウトランダーとRVRの間。

■アウトランダー
長さ4695 幅1810 高さ1710 2.4&2.0Lガソリンエンジン

■エクリプスクロス
長さ4405 幅1805 高さ1685 1.5Lターボガソリンエンジン&2.2Lディーゼルエンジン

■RVR
長さ4355mm 幅1770 高さ1630 1.8Lガソリンエンジン

2.2Lの改良型クリーンディーゼル×8速ATなら、
CX-5や、CX-3とも対抗できるし売れるかも!といった印象。

心配なのは、新しい1.5L直噴ターボ・ガソリンエンジン。
これのせいで、発売が延期にならないか、リコールなどのトラブルが出ないかが心配。。。

サイズ的には、C-HRがデザイン重視、燃費重視・低重心・低い車高になっているのに対し、
(C-HRは、長さ4360 幅1795 高さ1550 1.2Lターボガソリンエンジン&1.8Lハイブリッド)
車高を高くとり実用性重視、2列目シートが200mmスライド、8段階リクライニング。
ゴルフバックもたくさん積める本当に実用型。

発表や値引きの展望と、値引きの仕組み

値引き率が少ない状況から販売を開始するので、
狙い目はいったん来年3月の登録納車の時でしょうか。。。
ご案内が出来るよう約1年後ですか。公開できればと思います。

●ここだけの話
ディーラーに対して卸す際の、値引き率は
車種ごとに、例えば、12.9%、14.9%など、値引き率が決まっており、
発表してから、モデル末期まで、変わりません。

でも店舗スタッフマニュアルでは、
「発表直後は値引きは5万円迄!」「モデル末期だと40万円値引き!」なんてやってます。
弊社に対しても同様で、一般の方よりは値引きが増えますが、
発表直後は値引きが少なく、モデル末期になると値引きが増えます。

エクリプスクロスも初めから、
メーカーからは45万円値引きとかで卸されるのですが、
初めは利益を40万円取って、末期になると利益5万円でも!となると思います。

弊社の場合には、多くのディーラーと提携をしているので、
時期によって販売の主力車種が切り替わります。
値引きは、単純に弊社利益を2~3%で計算して、ローン金利も1.9%で原価以下でご案内。
諸費用も上乗せせず、コーティングやバイザー、メンテパックなどの利益商材はセットにしていません。

ただ、ディーラーの場合には、
随時販売できる車種、人気の車種が変わるので、会社を維持するため、
弊社と違い、儲けられる車種はたくさん儲けておかないと!とやっていらっしゃいます。

弊社でも、モデル末期と発売当初は、
末端の路面店舗とあまり変わらなくなってしまったりもしますが、
そのときそのときで、車種ごとに出来る限りの価格を公開させて頂きますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

※ちなみに以前BLOGで触れたのですが、
三菱は燃費偽装問題があってから、販売対策金と呼ばれる、
値引きとは別の(実質値引きですが)に、1台登録するごとにお金がもらえます。
たぶん、エクリプスクロスは対策金は出ないと思いますが、、、

関連記事

ページ上部へ戻る