ブログ

【リセールバリューで比べる】知らないと損!?新車の選びのポイント

新車を選ぶときは、何で比べますか?

「デザイン」「ご予算」「乗り心地や使い勝手」など、様々おありかと思います。

今回は「知らないと損!?新車の選びのポイント」ということで、

【リセールバリュー】に焦点をあてて、

セレナをご購入のAさんご家族と、アルファードをご購入のお隣のご家族Bさんご家族を例に、ご説明できればと思います。

※税金や燃費は計算すると大変なので、含んでおりません。
※あくまで2016.2.1現在の想定にてお作りいたしましたので、結果を保証するものではございません。

Aさんご家族、Bさんご家族が、同時にお車を購入!

Aさんは、270万円でセレナを購入。
お隣のBさんは「高い車を買っていいなー。でも贅沢だなー。」と思っています。

お隣のBさんはというと、460万円でアルファードを購入!
Aさんよりも190万円も多く出費をしたものの、「いい買い物ができた!」と満足そう。

どっちが得だったんでしょうか?

3年がたち、1回目の車検がやってきます。

Aさんは、セレナを1回目の車検で10万円の出費。
「まだ3年・30,000kmだし。乗り換えるにはもったいない!」

お隣のBさんはというと、マイナーチェンジがあったので、
なんと贅沢にも乗り換え!30万円の追い金を払いました。
「また新しい車だー!」お子さんたちも嬉しそうです。

また2年がたち、Aさん宅では2回目の車検がやってきます。

Aさんは、車検を取ると、15万円かかるといわれます。
「これから故障が多くなるし、またモデルチェンジの噂もあるし…」
7年経過70000km、9年経過90000kmと、査定がほとんど付かなくなること。
故障が多くなり、維持費も高くなってくることから、今のうちに乗り換えを決断!

お隣のBさんは車検が残っているのに、
モデルチェンジの噂があるのを調べ、
車検が残っているのに、売却!まだ違う車に乗り換えです。
車検が残っているので、今回も420万円で売却。

同じ時期に新車を買ったお隣さん同士が同じ時期に売却を決断!

さて。Aさんご家族とBさんご家族でどっちが得だったんでしょうか?

Aさんご家族は、5年間で160万円・・・つまり毎月26,666円
Bさんご家族は、5年間で70万円・・・こちらは毎月11,666円

選んだ車種・グレード等で、リセールバリューが違うため、
「楽に新車を乗りかえられる方」と「損して新車に乗り換えor乗りつぶす方」
に分かれてしまいます!

【そんなバカな!】中古車雑誌で現行アルファードと現行セレナを比べて検証してみる

2016.2.5現在、提携のGoo-netさんで調べてみると、
現行C26セレナに比べて、旧モデルC25セレナの中古車販売価格は・・・こちら!
買取相場だと120万円ほどが妥当でしょうか?

新型アルファードはというと・・・1年が経過したというのに、まだ高値安定…
弊社でも【高価買取】を行っているほど!
詳しくは、>【アルファード・ヴェルファイア愛車無料査定】まで!

【結論】「なんの車種がリセールが高いの?」「何を買えばいいの?」「なんで高いの?」

「結論」

3年~5年で乗り換える方や、走行距離が多くない方などは、
「リセールバリュー」と「モデルチェンジ」に注意して購入がおすすめ!
詳しくは、リセールバリュー一覧表へ
※ご契約者様限定にて、リセールの詳細などのご案内もしております。ご契約時に「リセールをよくするには」と仰って下さい。

「なんで高いの?」

特に世界販売No.1のトヨタ車。長い間円安になってしまい、ここ数年、日本の中古車が全世界に人気に。
日本国内、海外と、多くの方が欲しい!と思われているため、価格が高値安定しています。

リセールバリューで比べるお客様も多くなってきたため、
販売台数に圧倒的格差が生まれてしまっています・・・
セレナやステップワゴンより、アルファード・ヴェルファイアが売れてるんですもんね・・・

アルファード・ヴェルファイア 年間販売台数/約10万台
ヴォクシー・エスクァイア・ノア 年間販売台数/約20万台
セレナ 年間販売台数/約6万台
ステップワゴン 年間販売台数/約5万台
※2015年/日本自動車販売協会より

弊社はリセールの高い車両をメインに販売!ぜひ値引きプランもご覧ください!

※値引きプランは随時変わります。
>アルファード 最新値引きプランはこちらへ
>ヴェルファイア 最新値引きプランはこちらへ
>ヴォクシー 最新値引きプランはこちらへ
>エスクァイア 最新値引きプランはこちらへ
>ノア 最新値引きプランはこちらへ

関連記事

ページ上部へ戻る